信頼の青いボディー マイクロスコープの斉藤光学

saitohk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 10月 25日

鉛筆の芯とシャープペンシルの芯 鉛筆編

パソコンで文章を書くことが多く、文字を書くことが少なってしまった私ですが、鉛筆もシャープペンもなくてはならないアイテムです。
その二つの“芯”を比べてみることにしました。
筆記用具の新旧対決というところでしょうか。
二回に分けてアップします。
今回は、鉛筆の芯を観察しました。

観察物:鉛筆の芯
c0164695_15595941.png


撮影機種:SKM-S30A-PC

倍率:100倍(合成ソフト[CombineZP]使用)
c0164695_16205430.jpg

久しぶりに鉛筆の木を削って、中の芯を取り出しました。
少し失敗してしまって、木が残ってしましました。
昔はよく、芯を削りました。(歳がばれそうです。)今はもう削る方はいませんよね~。

断面図:100倍 計測 (SK-Measure計測ソフト使用)
c0164695_16373458.jpg

空洞部分がありました。
時々、折れてしまうのはこれが原因なんですね。
SK-Measure計測ソフトを使用して、円の直径を計測しました。

SK-Measure計測ソフトの数値が正しいか、ノギスを使用して計測してみましょう。
c0164695_16234551.jpg

SK-Measure計測ソフトの計測値とノギスの計測値は同じでした。

デモ機の貸し出しもあります。
機種選定に迷った時など、ご検討ください。
お問い合わせは、sales@saitohk.jp まで。

by SaitohKougaku | 2011-10-25 09:00 | 撮影映像


<< 鉛筆の芯とシャープペンシルの芯...      □■ SK-Measure計測... >>