信頼の青いボディー マイクロスコープの斉藤光学

saitohk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:ソフトウェア ( 25 ) タグの人気記事


2017年 06月 08日

深度合成ソフト WinROOF2015 MINI 紹介

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は、深度合成ソフト WinROOF2015 MINI の紹介です。
このソフトはフォーカス深度合成に特化しています。
簡単・手軽にリアルタイムに深度合成ができます。

サンプル画像

撮影機種:ズーム式マイクロスコープ SKM-Z200C-PCD
オプション:SKS-V01 V型観察台                
観察物:注射針                         

深度合成前の画像↓
c0164695_10394242.jpg


深度合成中のWinROOF2015 MINIの画面↓
c0164695_11531538.jpg
ホルダのピントをあわせながら画像を合成します。


深度合成後の画像↓
c0164695_10382039.jpg
デモ機貸出し中!
※こちらはデモ機貸出しページへリンクしています。



---------------------------------------------------------------------------------------------------------

第8回 医療機器 開発・製造展 に出展します!

2017年6月21日(水)から東京ビッグサイトで開催される第8回 医療機器 開発・製造展に出展いたします。

弊社ブース:東4ホール76-44
開催期間:6/21(水)~6/23(金)まで
開催時間:10:00~18:00(最終日は17:00まで)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆お問い合わせ
斉藤光学株式会社 営業部
   mail:sales@saitohk.jp
TEL:045-871-7767

◆製品仕様、外観、価格は予告なく変更または生産終了することがあります。

にほんブログ村 企業ブログへ


by SaitohKougaku | 2017-06-08 12:00 | ソフトウェアの紹介 | Comments(0)
2013年 11月 20日

SK-Measure計測ソフトのWIBUキーインストール時のエラー回避方法

SK-Measure計測ソフトのWIBUキーインストール時のエラー回避方法

SK-Measure 計測ソフトを起動するためのキーのインストール時に、
パソコンによってエラーが発生する現象が報告されています。
下記手順にて回避ができます。

★実行する前にUSBキーをPCから抜いてください。
 マイクロスコープも抜いてください。


1. コントロールパネルの「プログラムと機能」で
  "WibuKey Setup (WibuKey Remove)" をアンインストールします。
  アンインストールの途中で警告メッセージが表示されたら「無視(I)」を選択して、
  アンインストールを完了させます。
2. WkRuntime.exeを実行して、ワイブキーランタイムキットをインストールします。
  インストールの途中で警告メッセージが表示された場合は「無視(I)」を選択してインストールを
  完了させます。
3. インストールしたWkRuntime.exeを一旦、アンインストールします。
  繰り返しになって申し訳ありませんが、このアンインストールによって、不具合の原因となる
  旧い情報が削除されます。
  アンインストールの途中で警告メッセージが表示された場合は「無視(I)」を選択してアン
  インストールを完了させてください。
4. 念のためWindowsを再起動します。
5. WkRuntime.exeをインストールします。
6. USBキーをPCに装着し、新しいハードウェアの検索で認識させます。

以上です。
ご不明な点等ございましたらお問合せ下さい。

★SK-Measure 計測ソフト WIBUキー インストールソフトはこちら
(下方にあります。)

◆お問い合わせ
  斉藤光学株式会社 営業部
   mail:sales@saitohk.jp
   TEL:045-871-7767

にほんブログ村 企業ブログへ


by SaitohKougaku | 2013-11-20 16:47 | その他 | Comments(0)
2012年 04月 26日

【重要】マイクロスコープで、ご使用されるパソコンについてのご注意

ご愛顧頂き誠にありがとうございます。
マイクロスコープを検討中、又は、すでにマイクロスコープをご購入され、新しいパソコンなど
へ切り替えをご検討されているお客様、パソコンの選択をされる前に、下記内容をご一読頂き、
ご確認、ご検討をお願いいたします。

■■ご使用されるパソコンについてのご注意■■■■■■■■■■
 パソコン全般について
  ・WEBカメラが内蔵されているパソコンのご使用は、お控えください。
  ・USBポートは2.0であること(インテル製CPU、USB2.0ポート内蔵品)
   それ以外のUSBポートではうまく動作しないことが有ります。
    ※USBポートはマザーボード直結のポートを使用して下さい。
      それ以外のUSBポートは内部で延長ケーブルを使用している場合がございます。
      不安定になりやすくインストールが上手く行われない場合がございます。
  ・CPUはIntell製 1.7GHz以上 Core2推奨
  ※その他仕様スペックなどは製品ごとにホームページなどをご確認ください。

 DELL製のパソコンをご使用されている場合
  ・マイクロスコープを動かすには『dell web cam central』を削除する必要があります。
   削除すると内臓カメラは使用できなくなります。
   削除して、イメージングデバイスでカメラの認識を無効にすれば起動することができます。

  ・Dell Webcam Centralソフトウェアをアンインストールするには、次の手順に従います。
    1.[スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル]を選択します。
    2.左上隅にある[クラシック表示]をクリックします。
    3.[プログラムの追加と削除]をダブルクリックします。
    4.[Dell Webcam Central]をクリックしてハイライトします。
    5.[変更と削除]をクリックします。
    6.[削除]をクリックします。
    7.[OK] をクリックし、アンインストールウィザードに表示される指示に従います。
    8.[プログラムの追加と削除] ウィンドウの右上隅にある赤い[X]ボタンをクリックします。
    9.コンピュータを再起動します。
       (DELL ホームページより抜粋

ご不明な点などございましたら、下記までお問い合わせくださいませ。
斉藤光学株式会社 営業部
TEL:045-871-7767
mail:sales@saitohk.jp

by SaitohKougaku | 2012-04-26 10:21 | その他
2012年 03月 29日

[WindowsVista,7] デバイスメーカー版ドライバーへの変更方法

デバイスメーカー版ドライバーへ変更していただくと、マイクロスコープの明るさを手動で
調整することができます。

始めに・・・
 弊社ホームページより、デバイスメーカ版ドライバをダウンロードしてください。
  http://www.saitohk.com/soft/index.html
 ダウンロード後、解凍し、わかりやすい場所に保存してください。
 ※ドライバーのダウンロードは無料です。
 例 デスクトップ上やマイドキュメントの中など


対応機種:SKM-S20A-PCSKM-S30A-PCSKM-S31A-PC
       (旧:SKM-2000-PC、SKM-2100-PC)
対応OS:Windows XP,Vista,7 (各OS共通32bit、64bit版対応)

《WindowsXP 手順》
1.対応マイクロスコープをパソコンに接続し、デバイスマネージャーを表示します。
   ※デバイスマネージャーの表示方法
2.イメージングデバイスの中の“ARTCAM-130SN”を右クリックし、削除を選びます。
   
c0164695_17453854.jpg

  ※他のUSBポートにもインストールされている場合は同じ作業を行ってください。
3.イメージングデバイスの中の“ARTCAM-130SN”が、削除されたことを確認してください。
   
c0164695_17471468.jpg

4.ダウンロード後、解凍したドライバのホルダを開きます。
  “USB20PCCam_5.7.27000.0 .exe”をダブルクリックで起動します。
   
c0164695_17511733.jpg

5.「開いているファイル セキュリティ警告」のウィンドウが表示された場合、[インストール]を
  クリックしてください。
  その後、インストーラーの画面が表示されます。 
   
c0164695_10553355.jpg

6.インストールが始まります。“インストールWindowsセキュリティ”の警告表示がされた場合、
  [インストール]ボタンをクリックしてください。
  ※[インストールしない]をクリックするとインストール作業が中断され、正常にインストール
   することができなくなります。
c0164695_1543289.jpg

                               ※発売元名は変わることがございます。

7.[完了]クリックで終了です。
c0164695_1143254.jpg


次に、マイクロスコープのカメラを認識させる作業に入ります。

8.マイクロスコープをUSBに接続します。自動でインストールが進みます。
  “USB2.0 PC Camera(SN9C201) デバイスドライバーソフトウェアが正常に
   インストールされました。”と表示されれば完了です。
c0164695_15554685.jpg

9.インストールが正常にされているか確認します。デバイスマネージャーを表示します。
   “USB2.0 PC Camera(SN9C201)”と表示があれば、正常にインストールされています。
   ※デバイスマネージャーの表示方法
c0164695_11514781.jpg


以上です。

手動で明るさ調整を行う手順
WindowsXPへのドライバインストール手順


《お問い合わせ》
斉藤光学株式会社 営業部
アドレス:sales@saitohk.jp
TEL:045-871-7767

by SaitohKougaku | 2012-03-29 16:02 | ソフトウェアの紹介
2012年 03月 28日

[WindowsXP]デバイスメーカー版ドライバーへの変更方法

デバイスメーカー版ドライバーへ変更していただくと、マイクロスコープの明るさを手動で
調整することができます。

初めに・・・
 弊社ホームページより、デバイスメーカ版ドライバをダウンロードしてください。
  http://www.saitohk.com/soft/index.html
 ダウンロード後、解凍し、わかりやすい場所に保存してください。
 ※ドライバーのダウンロードは無料です。
 例 デスクトップ上やマイドキュメントの中など


対応機種:SKM-S20A-PCSKM-S30A-PCSKM-S31A-PC
       (旧:SKM-2000-PC、SKM-2100-PC)
対応OS:Windows XP,Vista,7 (各OS共通32bit、64bit版対応)

《WindowsXP 手順》
1.対応マイクロスコープをパソコンに接続し、デバイスマネージャーを表示します。
   ※デバイスマネージャーの表示方法
2.イメージングデバイスの中の“ARTCAM-130SN”を右クリックし、削除を選びます。
   
c0164695_17453854.jpg

  ※他のUSBポートにもインストールされている場合は同じ作業を行ってください。
3.イメージングデバイスの中の“ARTCAM-130SN”が、削除されたことを確認してください。
   
c0164695_17471468.jpg

4.ダウンロード後、解凍したドライバのホルダを開きます。
  “USB20PCCam_5.7.27000.0 .exe”をダブルクリックで起動します。
   
c0164695_17511733.jpg

5.インストーラーが起動します。[インストール]をクリックします。
   
c0164695_10553355.jpg

6.インストールが始まります。途中、確認作業がはいります。[続行]ボタンをクリックします。
  ※[キャンセル]をクリックするとインストール作業がキャンセルされ、正常にインストール
   することができなくなります。
c0164695_11425251.jpg

7.[完了]クリックで終了です。
c0164695_1143254.jpg


次に、マイクロスコープのカメラを認識させる作業に入ります。

8.マイクロスコープをUSBに接続します。下記画面が表示されます。
  “いいえ、今回は接続しません”を選択後、[次へ]をクリックします。
  ※パソコンによっては、9.の画面が表示される場合もあります。
c0164695_11445230.jpg

9.“ソフトウェアを自動的にインストールする”を選択し、[次へ]をクリックします。
c0164695_11484246.jpg

10.インストールが始まります。途中、確認作業がはいります。[続行]ボタンをクリックします。
  ※[キャンセル]をクリックするとインストール作業がキャンセルされ、正常にインストール
   することができなくなります。
c0164695_115156.jpg

11.[完了]をクリックし、終了します。
c0164695_11525057.jpg

12.インストールが正常にされているか確認します。デバイスマネージャーを表示します。
   “USB2.0 PC Camera(SN9C201)”と表示があれば、正常にインストールされています。
   ※デバイスマネージャーの表示方法
c0164695_11514781.jpg


以上です。

手動で明るさ調整を行う手順

《お問い合わせ》
斉藤光学株式会社 営業部
アドレス:sales@saitohk.jp
TEL:045-871-7767

by SaitohKougaku | 2012-03-28 13:57 | ソフトウェアの紹介
2011年 11月 22日

□■ SK-Measure計測ソフト vol.7 垂線 □■

SK-Measure計測ソフト 垂線計測方法です。



デモ機のお貸し出しもあります。
どうぞご利用ください。
ソフトのみの貸し出しもできます。

SK-Measure計測ソフト 動画一覧

by SaitohKougaku | 2011-11-22 09:46 | ソフトウェアの紹介
2010年 12月 14日

SK-Mesure 測定精度

計測ソフトSK-Measureの測定精度について実際に測りました。

マイクロスコープ:SKM-S10A-PC
計測ソフト:SK-Measure
校正スケール:SK-Measure付属の自動校正用スケール
測定物:ミツトヨ製セラミックブロックゲージ0級
測定者:計測ソフトを日常的に使用しない、パートタイム組立作業者
測定方法:5回測定しての平均値

●150倍 X = 0.001691, Y = 0.001689 [mm/pix]
 ブロック     計測値
 2mm       2.000mm
 1mm       1.000mm

●120倍 X = 0.002127, Y = 0.002128 [mm/pix]
 ブロック     計測値
 3mm       2.996mm
 2mm       2.000mm

●100倍 X = 0.002558, Y = 0.002557 [mm/pix]
 ブロック     計測値
 3mm       2.996mm
 2mm       2.000mm

●50倍 X = 0.005140, Y = 0.005127 [mm/pix]
 ブロック      計測値
 6mm       6.003mm
 3mm       2.968mm

●30倍 X = 0.008437, Y = 0.008426 [mm/pix]
 ブロック      計測値
 12mm     12.001mm
  8mm      7.993mm
  4mm      3.997mm

注意) 弊社製計測ソフトは、画面上での計測の為に下記要因が誤差になりますので、
     簡易計測としてご利用いただく製品です。
      校正スケール・マウス操作・ピントあわせ・レンズの性能・カラーカメラの
      色変換・マイクロスコープと測定物の位置関係等が誤差の要因になります。

by saitohkougaku | 2010-12-14 17:38 | 斉藤光学の製品
2010年 05月 26日

【SK-Measureオンライン取説】 更新履歴

計測ソフトSK-MeasureおよびSK-Viewerがバージョンアップしました。
バージョン:1.599    リリース:2010/5/24

新機能の紹介

●“静止画”と“ライブ映像”の切り替え
[F11]キーを押すことでも、“静止画”と“ライブ映像”を切り替えることができるようになりました。
フットスイッチ(別売り)を使うと、マウスやキーボードを使わずに切り替えることができます。

画像の保存
[F12]キーを押すことでも、“保存”ボタン上で右クリックをしたことと同様に、
指定しておいたフォルダに保存できます。
フットスイッチ(別売り)を使うと、マウスやキーボードを使わずに画像を保存することができます。



SK-Viewer用(無料です。是非お試し下さい)
最新版のダウンロードはここ

SK-Measureユーザー用
最新版のダウンロードはここ

by saitohkougaku | 2010-05-26 09:27 | ソフト取説(SK-Measure)
2010年 05月 26日

【SK-Measureオンライン取説】 画像の保存

計測ソフトSK-Measureの機能紹介

・画像の保存
  SK-Measureの画像保存機能は、【画像のみ保存】、【画像と一緒に計測値を画像にして保存】の2種類あります。


【画像のみ保存】

c0164695_11453459.jpgボタンを選択します。

c0164695_1151380.gif
初期値の保存フォルダ先は “C:\Program Files\SKC\bmp” です。
保存フォルダは変更可能です。


簡単な保存の方法
  “保存”ボタンの右隣の“選択”ボタンを使用して、あらかじめ保存しておきたいフォルダを
  指定します。
  保存する際に“保存”ボタン上で右クリックすればそのまま保存されます。
  左クリックなら上記の保存先フォルダが表示されます。
c0164695_11592724.jpg



Ver 1.599の新機能  (2010/5/24 追記)
  [F12]キーを押すことでも、“保存”ボタン上で右クリックをしたことと同様に、
  指定しておいたフォルダに保存できます。
  ファイル名は日付時間となります。
  また、ファイル形式は直前に保存したファイルと同じ形式となります。
  フットスイッチ(別売り)を使うと、マウスやキーボードを使わずに画像を保存することができます。



【画像と一緒に計測値を画像にして保存】

1.
c0164695_9141842.jpgボタンを選択します。
c0164695_9173224.gif
ボタンのイラストが変わったら計測データも画像として一緒に保存されます。


2.
c0164695_9185218.jpgボタンを選択します。

c0164695_9233674.gif
【画像のみ保存】と同じように保存します。(上記参照)


拡張子jpgで保存する場合、画質を選べます
 (バージョン:1.596からの新機能)
c0164695_1083442.gif



★計測値データだけを保存し、後でSK-Measureで読み込めるようにする方法はこちら → “計測値のデータ保存(拡張子mes)”
★計測値データだけを読み込む方法はこちら → “計測値のデータ読み込み(拡張子はmes)”
★計測値データをcsv形式で保存する方法はこちら → “計測値のデータ保存(csv形式)”

by saitohkougaku | 2010-05-26 09:22 | ソフト取説(SK-Measure)
2010年 03月 05日

【焦点合成ソフト】 Combine ZP

何度か紹介している焦点合成ソフトCombine ZPです。

今回はプリント基板上に抵抗が並んでいるのを斜め上方から観察した映像を合成しました。
c0164695_19135167.jpg

通常に撮影すると↓のような映像になり、抵抗一個分だけにピントが合っています。
c0164695_19142930.jpg

上から順番にピントをずらしては画像を保存して全部で17枚撮影しました。
その映像を合成すると綺麗な一枚の写真になります。
c0164695_19143939.jpg
報告書の作成に、とっても便利です。

ピントを簡単にずらしながら撮影できるのも弊社のスタンドの良い所です。


by saitohkougaku | 2010-03-05 19:19 | ソフトウェアの紹介