信頼の青いボディー マイクロスコープの斉藤光学

saitohk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 08月 25日

明るさ調整(内蔵カメラSKC-200MADS)

◆適用機種:SKM-S10A-PCSKM-S11A-PCZ100A-PC、SKC-101
[旧機種:SKM-3000B-PC,3100B-PC]
通常は自動明るさ調整により、たいての物が観察できるようになっていますが、
明暗の差が大きい観察物、金属などの反射物などを観察する場合は、調光つまみで
光量を調整しても上手くコントロールできないときがあります。
その時は全てマニュアルで調整すると上手くいきます。
c0164695_17344618.gif

■調整方法
1.光量調整を強めにしておきます。
2.「設定」ボタンをクリックして「プロパティウインドウ」を開きます。
3.Auto Sutter Speed のチェックを外します。
4.Auto Global Gain のチェックを外します。
5.Global Gain のスライドバーを一番低くします。(左側)
6.Shutter Speed のスライドバーで明るさを粗く整えます。
7.光量、Global gainで微調整します。
 ・コツ:Global gainは低めに設定する方が綺麗です。

■映像が暗い場合
 「プロパティウインドウ」内の Half Clockにチェックを入れると明るくなります。
 (動作は遅くなります)

2.設定ボタン
c0164695_1937517.jpg

3.4. Auto チェック
c0164695_1942475.jpg

5.6 スライドバー
c0164695_1947322.jpg

■Half Clock
c0164695_19543293.jpg


by saitohkougaku | 2008-08-25 19:55 | マイクロスコープの観察方法


<< SK-Viewerバージョンア...      ・色調整 (内蔵カメラ:SKC... >>