信頼の青いボディー マイクロスコープの斉藤光学

saitohk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 12月 13日

モニタダイレクトカメラ クロスライン表示

モニタダイレクトカメラでのクロスライン表示の方法のご紹介です。

撮影機種:SKM-Z300B-2 (CSDS60CM3 (東芝テリー製モニタダイレクトカメラ))

① 東芝テリーHPより、“Register Controller” をインストールします。
② カメラをパソコンに接続(別途USBケーブル)し、“Register Controller” を起動します。
③ “Line Gen.”の“Line”バーで“ON”と“OFF”を切り替えます
     
c0164695_16305936.png

④ “Memory”で保存場所を1~4に中から選択し、“Save”を選択し、状態を保存します。
⑤ パソコンからカメラの接続を離し、モニタへDVI-Dケーブルで接続すると、画面にクロスラインが
   表示されます。
c0164695_16441070.jpg


※ラインの種類は、塗りつぶしと半透明が選択できます。
※ラインの色も選択できます。

デモ機の貸し出しもあります。
機種選定に迷った時など、ご検討ください。
お問い合わせは、sales@saitohk.jp まで

by SaitohKougaku | 2011-12-13 09:00 | 撮影映像


<< シャコガイの付着物      再生紙(緩衝材用) >>